体質に合った痩せ方を実現するには、データや知識が必要です。

サイトメニュー

看護師

該当するタイプ

病気のリスクを抑えるためのダイエットを行う場合には、専門病院を受診して相談をしてみるとよいでしょう。そうすることによって、より効果的な方法で理想的な体型に近づくことが可能となります。保険適用外なので費用は高額になることが多いです。

詳しく見る

ダイエットサプリ

安全な体重管理について

ダイエットは病院に行くことで病気にかかるリスクをなくし、安全に行うことができます。薬の投与などは一切行わず、食事の献立や運動に関する指導を受けるため地味ですが、非常に安全で効率のいいダイエットを行うことが可能です。

詳しく見る

病室

医療機関の肥満治療

ダイエットを頑張っていても、結果が得られないという場合は病院でのダイエットも考えていきたいところです。病院では、体質や肥満具合に合わせて最適な方法が提案されます。スタイルが美しく整うだけではなく肥満を解消して健康になれることもメリットです。

詳しく見る

野菜

食事制限で体重減少

国立病院ダイエットとは、2週間という短期間で低カロリーの食事を摂取するようにするダイエット法です。栄養失調などを防ぐために期間を守ること、3食しっかり食べること、1日の摂取カロリーを守ることが大事です。

詳しく見る

注射器

自分に合う方法

病院に相談をしてダイエットを行う、ということがありますが、原因によっては長期間の入院を余儀なくされることがあります。摂食障害が関係をしている場合には心のケアを行っていく必要があるので時間もかかってしまいます。

詳しく見る

メタボを解消する

お腹

リバウンドなしに、体重を減らすには

代謝が落ちても、過食ぎみであったり食事の栄養が偏っていると、太りやすくなり内臓脂肪や皮下脂肪が付きやすくなります。病院などで毎年行う健康診断では、メタボをチェックする項目もあり、お腹回りが標準よりも太めであれば、肥満のリスクが高まっていることが数値として示されます。暴飲暴食を繰り返すと、将来的に痛風になったり糖尿病を発症したりしますし、治癒することが困難になりますから、早期に体質改善をして数値を下げる必要があります。しかし、自分でダイエットに挑戦しても、やり方が正しくないとリバウンドをしたり、過食症や拒食症になったりして健康を損なう危険もあります。病院のダイエット外来を活用したり、入院してカロリーコントロールをすれば、適切な期間で体重を落とすことが可能ですし、体調が変化しても速やかに医師が対応してくれます。年齢や性別に関係なく、誰でも受け入れてくれますし、自己管理が苦手な人にとっては、効率的な体重管理の方法ですから、とても人気のあるダイエットです。

病院でダイエットをしたい場合には、信頼できる医師が担当してくれる場所を選ぶことが大切ですし、我慢が辛くなる時期にサポートしてくれる医院が適しています。また、外来でダイエットをするのか入院が合っているのかは、医師のカウンセリングによる場合もありますので、慎重に選択することが大切です。健康的に痩せるには、食事の内容だけではなく、運動したり生活習慣の改善も大切ですから、管理されている方が良い人ならば、入院でのダイエットが最適です。もしも、体重が重いことが原因で歩行も困難であったり、過食症などの持病がある場合には、迷わず入院してダイエットをする必要があります。また、精神的なショックから太る人もいますので、心療内科も合わせて受診した方が効果がでることもありますから、主治医のカウンセリングを信じることが大切です。また、病院の外来でのダイエットをしながら、スポーツセンターやプールに通い、ウォーキングなどをして体に良い活動をすれば、早期に結果がでますから努力すると良いでしょう。