体質に合った痩せ方を実現するには、データや知識が必要です。

サイトメニュー

安全な体重管理について

ダイエットサプリ

入院内容は意外と地味なことを知る

ダイエットは素人が素人考えのまま軽はずみなことをしてしまった結果、深刻な病気になってしまう可能性のあるリスキーな行為です。ではどうすればいいのかというと、安全にダイエットしたいのであれば病院に行き、医師の指導に従いましょう。たかがダイエットで病院に行くというのは大げさに感じるかもしれませんが、体と心の病気になる可能性がある以上決して大げさではありません。しかし、ダイエットのために病院に行き、さらには入院までするとなるとそれなりに手続きや検査などを受けなければいけません。とりあえず入院することになってもそこまで長期間ではなく、そして薬の投与や手術などは一切ないということは基礎知識として覚えておきましょう。そこを理解しないまま病院に行き、何らかの薬の処方や脂肪の除去手術のようなものを要求してしまうようなことはしてはいけません。病院で行うダイエットはまず栄養を考慮した献立による食事、そして運動に関する指導などを行っていくので、かなり地味であることは知っておきましょう。

実際に病院で受けられるのはカウンセリングが主であり、普段の生活をどのように過ごせばいいのかを考えていくことになります。日常生活が不便になるほどの肥満であれば何らかの外科的な治療を受けることになるかもしれませんが、そこまで行くことは日本人ではまれです。ダイエットのために病院で受けられることは基本的に自宅でもできることばかりなので、退院後は教えられたことを自分で生活に組み込んでいくことになります。そのため入院する必要がない場合もあり、半日ほど勉強をして、後は自力で頑張るというパターンもあるのであまり気負いすぎないようにしましょう。ダイエットは入院すれば後は病院側で勝手にやってくれる、様々なサービスを受けられると考えるのは間違っていることを知っておくべきです。医師は自分のダイエットを手伝ってくれるのだと考え、目標体重の基準や脂肪率の推移などをしっかり見定めておきましょう。リスクを回避しなければすぐに病気になってしまうことを意識し、理想の体型や体重にするために努力をしていくべきです。