体質に合った痩せ方を実現するには、データや知識が必要です。

サイトメニュー

該当するタイプ

看護師

コストのチェック

健康に影響が出るような肥満の場合、個人でのダイエットが難しい場合があります。医療機関でも入院をしてダイエットの指導を行うということもあります。体重増加が命に係わるような場合に適用されるので、美容目的では病院で対応をしてくれないということが一般的です。病院で治療をするという形を取る場合には、まず入院をして治療をするレベルの肥満なのかどうか、という点をチェックします。もしも自己管理で体重を落とすことができるということであれば、食事指導や食生活の改善、運動に関する指導を行って定期的に受診をして対応をするということもあります。入院をするということはまず食事管理を徹底させるという目的があります。自分1人ではどうしてもダイエットが難しいという場合には、医療機関の力を借りてみるのもよいでしょう。退院後の生活のことも考えているのであれば、入院をせずに自己管理で行うのがベストです。入院をすると費用も高額になってしまうので、ある程度金銭的な余裕がなければ入院対応は難しいです。

美容目的にダイエットの相談を病院で行うともなると、保険適用外となるので当然負担額は増えてしまいます。しかし糖尿病など健康管理が目的の場合には、保険が適用されることもあります。症状に応じて費用も変わってくるので、病院に相談をしてみるとよいでしょう。最近では美容目的で美容外科などにダイエットの相談をするということもあります。その場合、理想的な体重やサイズなどを全て算出して、その上で目標を設定するということが多いです。エステサロンの場合には長期間通って施術を受ける必要もありますし、費用が高額にもかかわらず、効果が出るのかどうか分からないということがあります。自分に合ったダイエット方法は医療機関で相談をするのが好ましいということもあります。最近では専門の医療機関もあるので、出来るだけ専門医に相談できるようにしておくとよいでしょう。医療機関でアドバイスを受けるというのは、自分の体質に合った方法を提案してもらえるということになるので、効果も出やすいです。